各部位のマッサージ

頭部・首・肩のマッサージ

朝起きて鏡を見ると、なんとなく顔がむくんでいる。こんな経験をした人は、少なくな
いでしょう。

日中は重力の影響で、体内の水分は足元にたまりやすいもの。しかし、寝ているときの
体勢はほぼ水平なので、体の上のほうにも水分が移動します。そのため、起きてすぐの顔
は日中よりもむくんで見えるのです。

とはいえ、顔のむくみはマッサージをおこなうことで、かなり解消できます。頭部と首、
肩のマッサージのポイントは、「耳の下」と「鎖骨のくぼみ」のリンパ節。風邪を引いた
ときに喉が痛くなったり、首がはれたりするのも、白血球がリンパ節に集まって、感染か
ら体を守ろうとするからです。

マッサージをするときは、この2箇所に向かって手や指を動かします。マッサージを続
けるとフエイスラインがスッキリし、むくみやたるみ、シワが改善されていきます。また、
血行が促進されて肌の透明感やハリも出てくるでしょう。

ただし、顔の皮膚はとても薄くてデリケートなので、力を入れて引っぱったり、過度に

こすったりするのは厳禁です。かえってシミやシワの原因になってしまいます。指でやさ
しくなでるイメージでおこないましょう。化粧水や乳液、クリームなどをつけて、指のす
べりがよく、摩擦が少ない状態でやるのがベストです。

毎日のスキンケアやメイクの際に、マッサージの動きを意識しながら乳液やファンデー
ションをつけるのも効果的。ただし、スクラブ入りの洗顔剤やジエルパックをつけてこす
るのは、肌を刺激しすぎる場合もあるので控えたほうがいいでしょう。

顔や首の前側はあくまでも「やさしく、やさしく」おこなうのが基本ですが、頭皮や首
筋、|肩のあたりは、心地よく感じる程度に強くもんでかまいません。美容師さんの洗髪の
指の動きを参考にもみほぐすと、頭皮の緊張がとけて髪の健康にも効果的です。

また、日ごろから正しい姿勢を保つことも大事。猫背は首や肩のコリ、首のシワ、フエ
イスラインのたるみにもつながります。

上半身のマッサージ

体のむくみというと、足やふくらはぎなど下半身に感じることが多いでしょう。下半身

ほどではありませんが、上半身もリンパの流れが悪くなると、手の指などの末端にむくみ
があらわれます。一日中はめていた指輪を、夜にはずそうとしたらきつくなっていた、と
いうことはありませんか?

また、いまひとつクビレのないウエストやぽっこりと出た下腹部、二の腕のたるみなど
にも、むくみが関係しています。贄肉はエクササイズや食事制限といったダイエットをし
なければ取れないと考えがちですが、マッサージでリンパの流れをうながすことでも、か
なり改善します。

もちろん、エクササイズをしたり食事に気を使うことも必要ですが、ただ体重を落とす
のではなくボディラインを整えるには、余分な水分や脂肪をリンパ節に流して排出するマ
ッサージが有効です。女性のタレントさんなどで、「腕やわき腹のあたりから肉を寄せる
ようにして、ブラジャーをつけたり、バストマッサージをおこなう」といった話をときど
き聞きますが、決して極端なことではなく、実に理にかなったマッサージの動きなのです。

二の腕、ウエスト、バスト、背中……など、上半身には気になる部分がたくさんありま
す。上半身のマッサージのポイントは、ワキの下のリンパ節(腋窩リンパ節)。ウエスト
ラインより上は、基本的にこの部分に向かって流します。ウエストより下(下腹部)は、
脚の付け根(鼠径部)にあるリンパ節へと流します。このほか、ヒジの内側やお腹にある
リンパ節も重要です。

体のマッサージは、顔と違ってやや力を入れておこないます。セルライトのような脂肪
の塊は、ある程度力を入れてもみほぐす必要があります。とはいえ、「心地よい痛み」程
度が目安。気持ちよくないマッサージでは継続できませんから。

また、背中の上の部分は自分でマッサージするのが難しい場所。ツボを刺激したりする
道具もありますが、ここだけは誰かにやってもらうのがベストです。たとえば、背中全体
を押してもらうととても気持ちがいいですが、この動きには精神を安定させる効果もあり
ます。

下半身のマッサージ

体の中で、もっともむくみやすい場所が足です。「靴を買いに行くなら夕方がいい」と
いわれるのも、むくみが少ない午前中に買った靴だと、夕方、足がむくんで大きくなった
ときに、サイズが合わずに靴ずれを起こしてしまうから。足は「第二の心臓」と呼ばれる
くらい大事な部分ですから、たんに皮がむけて痛いだけでなく、全身の健康にも影響を及
ぼします。

足がむくみやすいのは、体の中でもいちばん下に位置しているから。心臓から押し出さ
れた血液は、重力の力を借りてどんどん届きますが$逆に心臓に向かって水分を押し返す
のは容易ではありません。帰り道は完全な「上り坂」で、距離も遠い。どうしても水分や
老廃物がたまりやすい部位なのです。

だからこそ、運動やマッサージなどで筋肉を刺激して、リンパの流れを助けることが必
要です。「毎日、何種類もマッサージをやるのはムリ」という人も、下半身のマッサージ
だけはなるべく習慣化したほうがいいでしょう。

下半身のマッサージのポイントは、「鼠径部」という脚の付け根のリンパ節と、ヒザの

裏側にあるリンパ節、そして足の裏です。とくに鼠径部は、太ももやお尻、下腹部から流
れ込む場所なので、脚やせやヒップアップ、ウエストシエイプなどと深く関係しています。
念入りにマッサージするのはもちろん、締め付けがきつい下着を身につけないといった心
がけも大事。

ヒザの裏側は、ヒザ下からリンパが流れてくるので、引き締まった足首やふくらはぎを
作るポイントです。また、歩くときは力力卜から着地して、足裏でしっかり地面を踏みし
めましょう。筋肉を刺激し、足が水分を排出するためのポンプ機能を助けてくれます。